メーター

トライ・メトリックス2020メーター
たぶんシステムのモニターと計量は、もっとも重要な“オプション”と言えるでしょう。重要度が高くオプションとは言えないくらいです。バッテリーの充電度を知っているということは、明りがつくかどうか(電気機具を使えるか)の判断が出来るということです。天気が良かったからシステムもOKというのでは十分ではありません。一日にシステムが生産するパワーの多くを同じ日に利用してしまうような場合は特に注意する必要があります。

我が家で使用しているメーターは、いろんなデータをモニター出来ます。
    概算充電度
    バッテリーの電圧
    入力または出力総計アンプ量
    充電限未満の概算アンプ量
    最大と最小電圧
    充電限に達した時以降の日数
    均等充電した時以降の日数

このようなモニターの仕方は100%正確ではありません。通常、我が家では毎日の充電でバッテリーがいっぱいになります。ですので、このメーターで毎日の利用量、充電等の状況が結構正確に測定出来ます。

天候などが悪く充電が思うように良くない時に、メーターが必要になります。仕事を終え帰宅した時、まず、チェックするのは充電率です。もしも、充電率が70%以下だったら、電気の使用量を少し抑制します。もしも、60%未満だったら、テレビはソーラーシステムから外すとか、充電率が下がれば下がるほどソーラーパワーの使用量を抑制していきます。実際に、60%を下回ったことは、2回ありません。今のところ、全て順調です。

トライ・メトリックス2020メーター(Tri-Metric 2020 Meter)

メインぺージ
太陽 太陽電池 安全:電気と化学 充電器
バッテリー インバーター メーター 負荷
ホームページ
© 1999 Fujiko Metcalf