充電器

B.Z.プロダクト ソーラーテンダーIII CC-40+
バッテリー はPVパネルによって充電されますが、それを直接つないでしまうと過充電する可能性があります。

“過充電”とは、バッテリーをその収容能力以上に充電することで過熱の原因になります。ひどい場合、バッテリーの中の電解液(酸)が煮立つこともあり、その時水素と酸素が放出されます。ご存知の通り可燃性がとても高くちょっとした火花でも危ないのです。それに加え過充電を繰り返すとバッテリーを駄目にする原因にもなります。

充電制御装置の役目は:
B.Z.プロダクト ソーラーテンダーCC-40充電器は、バッテリー内の電圧がユーザーのセットした域を超えないようにしてくれます。この充電器は12か24ボルトDCで40アンプまで処理出来ます。

我が家の場合、通常の電圧の限度を28.6ボルトDCにセットしています。バッテリーの電圧が限度に近くなるとバッテリーへ流れるパワーを少なくしパルス充電で28.6ボルトくらいに保ってくれます。これにより、過充電や過熱を防げます。

性能:
この充電制御装置、なかなか良くやってくれています。以前、CC-32充電器を使用していましたが、この充電制御装置の処理可能域限度を押しすぎとうとう壊してしまいました。B.Z.プロダクトが、処理可能域が高く性能の良いCC-40に交換してくれました。この充電器、大した物です。コンパクトで価格も悪くない!我が家のシステムは、すでにこの充電器の処理可能域を越えているので、パネルの60%だけをこの充電器を通しています。

B.Z.プロダクト ソーラーテンダーIII CC-40+

メインぺージ
太陽 太陽電池 安全:電気と化学 充電器
バッテリー インバーター メーター 負荷
ホームページ
© 1999 Fujiko Metcalf